子どもに選ばせます。

子どもとそうでない


と、母親が勝ち誇ったように、子をバカにして、どうだ参ったかと、道理を押しつけるのではダメ。どうせ、子どもは気持がいらだって、事の道理を受け入れる余地などないのだから、まず、気持にゆとりができるようにしてやるためには、共感が大事なのですよねはっきりした共感情緒の共有、ということが。それは、所で説明したカウンセラー役のポイントです。こんな風に。
前作

子供の心が見える本
PHP研究「ああ、私はさっきから、もういらだって。待ち辛くって。だって、シゲトに、あと三分よっていったでしょ。あのとき、もうあのおじさん全部終ったのだと見間違えたのよ。三分位と思ったのに、なかなかなんだから、もう帰りたいぐらい。母さん方の多くはそうは考えていないようです。シゲトもそうなの。一緒だわね。いやーね」

ほんとにいやだなあ、長いんだよ。はじめから、どの位待ったと思う?

どの位待った?

もう五十五分なんだよ、この時計で!

ええ?五十五分!あーあ、私、家でし残して来たこと、あソのよね。
夕食の準備までに、それ片付けておきたいのね。
どうしよう。
もういや。
ああ、うんざり共感しあえて、シゲトはほっとする。
でも、お母さんが、子どもに負けずいらだつ。はじめは、親の落ち着かない、顔のしかめ方を見ているうちに、
なんだよ、母さん。
「だって、きょうは、夏休みに入ったんだ。
落ち着きなよ。大人でしょ」なんて、思わずシゲトがいう。

  • 子どもはどうするのでしょう問題の根源は実
  • 幼稚園の保
  • 子供にとってはそれが当たり前になってしまい

子どもがふぇていますが遅刻してくる

ひどい日に来すぎたわよ、もういやーね。子どもでいっぱいなのね。
だから子ども、そうだ、真っ昼間から多いんだ。
ああ、いやになっちゃ3「そんなこといったって、ぼくだって夏休みじゃなかったら、来れないじゃない」
「ええ?ああ、あ、そうだそうだ、そうだよね。でももう少し早くなソないのかしら。
もう帰ろうか」
……そうはいいながら、腰はでんと坐っていて。
すると子が、かえって、今帰って、あしたまたはじめから待つ気?母さんと、親に問う気になる。
だって、あんまり遅いよと母親が、実は、子自身のいらだちの代弁を「だから、ほら、この本、おもしろいよ。そっちの雑誌よりずっとおもしろいよ。
....。.もうすぐだからね。
ほら、もうおじちゃん、終りじゃないか、すぐだよ、すぐ」
子どもから友達扱いされていい気になっているうち
ことばの、キャッチボールか投げつけあいか
ことばのキャッチボールが大事だって、よくいうでしょ。
それって、簡単にできているようで、なかなかできていないのですねキャッチボールというのは、相手がひどい暴投をしてきても、腕を伸ばして、とにかく受けるの相手がさあ投げ返すよ、とサインをし、です。受けとめたボールを、右手にちゃんと持ち変えて、受ける構えに入るのを見て投げ返すひとつのボールがあっちに届いてから、こっちに返るのですよねああ、もう、待ち辛いよと、子が思わずいってくれば、受けとめて、ああ、もう、ほんとに待ち辛いねと返す。
帰りたいくらいだよといってくれば、受けとめて、帰りたいくらいだよねと、返す帰ろうよといったら、ほんと、帰りたいぐらい!と受けとめる。育児に専念したとき

子どもはすぐその場で模倣していなく

反射的にそう受けながら、泰然とした親の様子を眺めてみれば、帰りたいという気持は、自分だって、気持の皮相にあるもので、もうひとつ奥には、もう少し慎重に事を見極めたいという思いもあることが見えてくる。
皮相の部分が共感してもらえると、皮相のいらだちは隣人にまで広がって、つまり、広がった分だけ色が薄まるというか。皮相の色が薄まれば、もうひとつ奥の思いがあざやかに見えてくるのですね。つまり、子ども自身にも、「今帰ってしまったら、みすみす今まで待ったのが、惜しいんだ
と見えてくる。
ことばのキャッチボールって、そういうことだと思うのです。
向うのことばが、こちらの心に届く。
届いたよ、と声をかけて、こちらから返すすると、向うも届いたよ、と声をあげて、それからこちらへ返してくる。
し」

ことばが子どもに届くこの本の主題である、こちらが声をあげて伝えてやる。
のです。
子どもの心が届いたよと、子どもに届くことが大事なのだということなというのは、つまり、親のそのことばが、おまえの心が、こちらに届いたよと大人が声をかけてやる
ああ、確かに届いたようだと、その声を聞いて、子どもはほっとする。育児に専念したとき

育児に専念したとき

ほっとすれば、心がゆるやかに広がり、深くなる。
今まで気づかなかった別の一面が、自然とまた、見えてくる。
考える愉しさへの、意欲が湧いてくるねえ、しんどいよ。もう帰りたいよ

今帰って、あしたまた待つの?
と子がいったのに、親がと、したり顔に攻めて、ありません。
どうじゃ参ったかと、うそぶくのは、実はことばのキャッチボールではもう帰りたいよ、しんどいよ
と子がいってくるのは、いわば、子の投げてくる荒れ球。
まともにあたっては大変、と、身をよけて、球は後ろへ飛んでいったまま、親は見過ごしているのですね。体をねじってでもしっかり受けるということをしていないのですよね。


母さん方の多くはそうは考えていないようです。 しつけの不足 教育と考えているのです。

母さん方の多くはそうは考えていないようです。

勉強ができずにノイローゼ

つまり、自分は、対人関係が全くうまくいかない。だれとのかかわりも長続きしなかった。どこでの関係も、結局は壊れてしまった。でも、最後の頼みは、子どもとのかかわりであると思う、というのです。
大人とはうまくいかなくても、せめて子どもとはうまくいくだろうと思うので、の上の子どもを、どうか私に育てさせて下さい、と。
かわいそうな身
ほんとに、辛いことながら、これではやはりお断りするしかありませんでした子どもを育てるということは、育てる人の、人間関係のあり方を、知らず知らずのうちに、子どもに覚えさせることでもあるのですから、大人同士がうまくいかないようでは、子育てもなかな厳しいいい方をすれば、大人同士の人間関係は、まあだいたいうまくいくようになった。
子どもに選ばせます。

才能やひらめき

つまり、自分は、まあやっと、大人になった。だから、さあ、最後の、一番大切な人間関係といってもいい、子どもとの切実な関係を、今や自らひっかぶってみようかと。つまり子をひとり育ててみるか、と。
これこそ大人のしごとだという覚悟がやっぱり、子育てにはいるのですね。
間違いをおそれない子に育てるには
ところで、ちょっとした間違いをしたら、もうそれでおしまい、とあきらめる子どもが、この頃たくさんいますねえ。
それはつまり、間違いを犯さずにやれてきた子ども達だからです。
幼児期から、つまずかず、中学一、二年までは、あまり間違いを犯さずにやろうと思えばやれるのですね咎められず、すんなり育っていくというのは、親にとってもほんとにありがたいことですから、ああこれでよし、無事無難はありがたい、であとあとが、往々にして、大変なのですよと喜んでおれるわけで、でも、それはそれ間違いをおそれるというのは、今の時代はものが豊かになって、みんな学用品なんかも、一律に同じものを揃えるようになった。

 

先生は帽子の中を調べていた。

自分はたまたま家にこんなものがあったから、ちょっとみんなと違うが、これで済まそう、という風な、少々違ったもので間に合わすなんてことがなくなったので、別に気にしなくていいものまで、みんなが揃えるとなると、ほんとにみんな同じなのですね。だから、ちょっと違えば、もう致命的な間違いととらえてしまいますゲンヤくんは、ぼくもショー1、行くといった。書道のことです。
町角に、元学校の先生だった書道教授の看板があがっています。近所の幼い子ども達が、書道はお行儀の練習にもなるというので、親も喜んで行かせている。
写真館を渋谷で撮影しようと考えている
子供は親の後ろ姿を見ながら育つ

子どもは?

それのことなのでした行かせるにしても、まだ学校に行かない子に、学校の文房具の書道用品一式を買ってやることもなかろうと、お母さんは工夫して、家にあった硯や筆を揃え、丈夫な空き箱に、模様のきれいな紙を貼ってやり、布を底に敷いて、手頃な用具ができ上りましたすずりお母さんの手作りの書道用具を見て、書道の老女先生は「わー、いい工夫ね。ゲンちゃんだけの、世界にたったひとつの硯箱だから、大切にするのよ」
と、とてもほめてくれたので、ゲンヤくんも嬉しくて大満足だったというのです。
やがて、学校でも書道を習う年になりました。ゲンヤくんは文句なしにぼくは道具がちゃんとあるよ。あれ、持っていくよと主張して、幼いときから使っている自分ひとりの大切な硯箱をカバンに入れて元気よく出て行きました。

子供はあり余るほどの物質に囲まれて暮しています。

はじめての書道の時間、自分の机の上だけが、様子が違いますだって、みんなは、学校で一斉購入の硯や下敷きで、ゲンヤくんのような、家にあるもので揃えたというのは、ゲンヤくんただひとりだったのですからねはじめてみんな硯で墨をする。
新鮮な空気が教室に満ちています墨をすりながら、ゲンヤくんは、先生、ぼくの道具を見てどういうかな?とわくわくしていたのですね。幼い日、書道教授の老女先生は、いい工夫ね、といってくれた。
学校の先生ならどんな風にびっくりするかなと。
子どもたちの面倒

子供たちは目でも親の姿を見ています口に出す事柄


確かに、ゲンヤくんの硯は、お父さんが、本格的な書道でつかっていた値打ちもので、見る人が見れば、子どもがこんなものを、とびっくりしていいものではあったわけです。
みんなを見て廻って、後ろから先生がコツコツと足音を立ててやってきましたゲンヤくんの机の上の様子が違うのを見て、ひとこといってくれました。肩にちょっと手を置い
て、ああ、気にしなくてもいいんだよ。
違ってても

と。
え?
と、ゲンヤくんは、息をつめました。
いたわってくれるようなこと?気にしなくていいと、元気のない様子を励まされねばならぬとなの?と思った途端に、ゲンヤくんはすっかり元気がなくなってしまったのでした。
すっかり元気をなくして帰ると、どうしたの?
「だって、気にしなくていいって、お母さんが心配します先生、書道の道具のこと、いった。
なんだか、気になっちゃった。
みんなと同じのにする」
その母親が、この話を私にしてくれたとき、こういったのです。
「先生も、口にするひとことに気をつけて下さったらいいのに。