子どもが自己主張しなくなる原因として

練習させていらっしゃいました。

見せなさいと、いやがる腕を掴んで見てみると、見たことのない怪獣のオモチャを、力いっぱい握っている。四歳児の手でやっと握れるほどの大きさの、ゴムだかプラスティックだかのオモチャです。
一瞬たじろいだ感じなのでしたが、じっと、
どうしたのよ、まっすぐ立って、貰ったもン!
ほんとうに?
これ
と、思わず問いただすと、あまりにもはっきりひとことと、親を見上げて、胸をはっていい切るのでした。

そうだよ。貰ったもまたウソなんだわ、と思うと、親の方が胸がドキドキして、二の句がつげない。
だれに?
学習で埋めていかないともったいない

子どもなどいるはずがありません。

とやっと次の質問をすると、子どもは待ってましたとばかりに、
ショウちゃんのおばちゃんだよ!
その反射的ないい張り方に、親は目のくらみそうな絶望を感じる。ここまで大胆にいい切って、この子はそれをやましいと思わなくなってしまっているのか。ウソにきまっているのに。

じゃあ、ショウちゃんのおばちゃんに、聞いてみてもいいの?
考えるより先に、追いつめのことばが出ます。自分の思わずいったことばで、かえって自身が鼓舞されて、このウソをあばきつくさずにおくものか、と、こちらが身構えてしまうのです。
白状させようと力むとかえって子のウソはうまくなる
母親の思いつく図式は、あくまでも過ちを糾弾し、ウソをついていたのなら、それはウソだったと本人に告白させて、事実を述べさせる。そして、今後ウソは絶対につかないと、しっかり誓わせること。とにかく、ウソをつかない子に育てなければ、と、やたらそう力んでしまっているのですね。だから、まずなんとしても、ウソはウソと白状させねばならないわけです。
だから、強迫的に、子どもの目を見つめて、問い詰めることになります。

おばちゃんに、聞いてみてもいいのね?

 

子どもの前ではとらないほうがいいですね。

いいのね?

いいよ。聞いてみたらいいよ。アゲルカラネって、ぼく貰ったんだも
そんなこといって、ウソだったらどうするの。おばちゃんが、違うっていったらどうするのねえ、お願い。
ほんとのことをいって。
黙って持って帰ってきたのでしょ?
もしも、実際にショウちゃんちに尋ねに行って、やっぱりヨウタのいったことがウソだということになると、大人同士が気まず過ぎるのです。先日も、ゴミの捨て方のことで、遠廻しの皮肉をいわれ、もうあの人とはつきあいたくないと思ってしまった矢先のことなのだから。

だってねえ、母さん!

ええ3だってねえ、ねえ、母さん。今行っても、おばちゃんいないよ

ええ3ショウちゃん連れて、お買い物行ってるよ
勉強机の棚
母さんは気にしていました。

教育に活用しないのは神意にそむくことになる。

「ヨウタ、そんなこといって。聞きに行かれたら困るから、ばれるのよ。ダメッ。聞きに行くツ」
そんなウソいってるんでしょ。
ウソはでも、いないからね。ね。いいよ、行っても帰ってこないんだって、ね、おばちゃん
なんだか、親は、わけがわからなくなってしまいます。
「ヨウタ、いったいどういう気なの。ウソばっかりいってたら、どうしようもない悪いオトナになってしまうのよ。
聞きに行かれたら困るから、おばちゃんいないって、ウソをつくのねいいから。怒らないからほんとのこと、いって。お願い貰ったのじゃないのでしょうウタ。その怪獣、黙って持って帰ってきてしまったのでしょ?」
ね。
だって、いったよ
どういったの?あげるって
だれが?

父親の語る

ショウちゃん

ショウちゃんから貰ったの?うん

おばちゃんから、貰ったのじゃないの?うん

だって、さっきおばちゃんがあげるっていったって、いったじゃないの
黙って持って帰ってきたンじゃないもの。ウソじゃないも
だからいったいどっちなのよ。おばちゃんの知らないことなの?ショウちゃんがいやだっていうのに、無理矢理とって来たンでしょ。
そうじゃないの?

ショウちゃん、いらないって、いってたも
もうお。おまえのいってること、ウソばっかり。行こう。ちゃんと聞きに行こう。
いってても、ちゃんと、分かるんだから。もし、ウソだったら、どうするのおまえがウソヨウタを引っ立てて、お母さんは家を出ていったのです。
母さんとぼそぼそ話しだす。

子供の泣き声が聞こえているく


戸口を出たところで、ヨウタは掴まれている腕から母親の手を取り払おう、もぎとろうともがきながら、それでも、なんといっても、大人の力に幼児は抗しきれなくて、変らずもがきながら、はっきりとぼくが買ったンだよ。
怪獣。
買ったンだよ

へなへなとへたり込んでしまいそうになりました。
とそうわめくようにいったので、お母さんは、なにがなにやらさっぱり分かりません。

買った?お金はどうしたの?

母性から出た自然の言葉

子どもも自然と身につきます。

気にしなくていいなんて、いってくれるから、ゲンヤは、かえって気になってしまったのですよ」

それで、どうなさいました?と、私は問うた。
「しょんぼりしているのを見れば、かわいそうですもの。結局は、みんな一律の書道用具、深刻に買ってやりました」
「買ってやったのですか。買ってしまったのだったら、先生のこと、よ」と、私はいったのでした。そして、つけ加えました。
文句をいう資格はないのです「先生が、気にすることはないって、いってくれたの?そう!それじゃ気にしなくていいのねーと、親が明るく元気にいって、よかったねといった軽やかな調子で、さあ、しごとしごとと、台所へでも立っていったあと、子は、ああそうか、気にすることなんかないやって、明るさを取り戻しもできるでしょうに。
子どもの本質を理解する

子供たちにはいつ

親が、ひっかかっちゃいましたね」と。
私の話を聞いた相手は、ア、と口をあけて、それからなるほど
だれもが、ひとことの工夫ですね。先生だけでなく、親も。
と呟きました。
ちょっとした違いを、間違いととるか、工夫とみなすか。
これは、生き方の基本の違いになっていくように思うのですなにかしくじりをしたあとでも、反省するか、後悔するかの違いになっていくのですねゲンヤくんの先生は、自分だけ違ったものを持ってきた子は、間違いなく後悔しているものだとひとり合点したのでしょう。その裏には、日常、全部揃ったのが0で、違うのは×という、なんだかテストの採点のような基準を、知らず知らずなににでも適用する習性になっていると思いますだから、違っていいのか悪いのかを、事の種類や状況においてしっかり分別することなしに、違っていたら、子がだめと思うに違いない。

 

成績がみるみる上がりました。

肩をすくませているのを励ましてやらねば、という発想に、はまり込んでしまうのだと、思われます。
それぞれが、独特の違ったものでいいということは、世の中でいっぱいあるのに自分が、これでいいと思えば、これでいいのだ、としっかり自分の意見を持つ。
これは大事です後悔をせずに、しっかり反省するのです。
間違いと気づけば、間違いを改めれば、それでいい。後悔反省は、まるで違います。
とにかくひとのを真似てれば、自分でそれがよしと思えなくとも、みんな同じだから、ね。
それでいあいまいいのだろう、と、なんだか曖昧なときは、まあ、それでいいのですね。
でも、どうも違うと思うとき、しっかり改める。反省して改める間違いをおそれない習性。これが、自信の生まれるもとなのですね。
記念写真を川崎市で見つけた
母さんの驚き。

子どものように喜んでいる父であ

ことばが子どもの心に届くとき
自分のことばが、ちゃんと子どもの心に届いているようだ、と感じとれるとき、親としての自信が湧いてくる、というのも確かなことです。
親のことばが、しかし、ならないのだと思います。
子どもの心に届くには、まず、逆に、子の心が、親に届いていなければ

歳になるかならずの子が、あ、コイモドリ!と大声をあげました。

こいのぼりのことですね。親が、子の見上げている空の方を見もせずに、そっけなく、こいのぼり、でしょ。も一度いってごらん
だから、コイモドリが、ほら、向うのお空に
親は、ことばを正しくいわせたいのです。ところが、子はそれどころではない!
子どもは、なによりもとりあえず、びっくりする向うを眺めてもらいたいのですね、親に。
親はが大事で、子はが大事、とそれぞれ主張がズレているのですよ「どうしていい直さないのよ、ほら、いってごらん、こ·い·の·ぼ·り」
「どうして一緒に見ないの、コ·イ·モ·ド·リー見たくないの?

母親が自分自身の首を締めることになる。

見たくないならいいよ」
親は子にことばが届かないのでいらだってしまいます。
子は親に心が届かないので、シラケています。人生はこうして、シラケに満ちたことだと、幼児ながらも、これに似た、いっぱいの経験で、おもしろくない子に育ってしまうのでしょう。
ここをもし、あ、コイモドリ!と子どもが叫んだとき、とりあえず、ことばがどうであるかよりも、ああ、この子、はじめて見るこいのぼりなのだわ、大空に大きなこいのぼり、と、たちまち親自身も空を仰ぎ、あ、ほんと。悠々と泳いでる!と、感嘆の声をあげることができていればャネョリ、タタイ、コイモドリ親も声をあわす。
青い空、風にはためくこいのぼり。
緑の匂子どもは覚えたての歌を唱いだす。
い土の香り。
子供自身なのですその使命

教育をした覚えはない


向いあって、対峙する視線でなくて、こいのぼりの空へ、親と子の視線は同方向なのですね同じ方向に、平行に、視線が生き生きと向いているとき、心が触れあいますね。

コイモドリ、はじめて、見ちゃつたほんと、ユカ、はじめて、こいのぼり見たわね
うん、はじめて。大きいねえ
大きいねえ。ユカ。ね、あれ、こいのぼりと、ちょっとことばを教える気配。
だから、コイモドリ、でしょと、ちょっと確認する気配そのとき、ああ、なんだ、まだ発言はうまくできないのだ。できないときは、できないときちょっと、子どものに添うてみれば、の確かめも慎重で正しいものになる。
いいたいらしいのね、正しくこいのぼりと。