子どもに選ばせます。

子どもとそうでない


と、母親が勝ち誇ったように、子をバカにして、どうだ参ったかと、道理を押しつけるのではダメ。どうせ、子どもは気持がいらだって、事の道理を受け入れる余地などないのだから、まず、気持にゆとりができるようにしてやるためには、共感が大事なのですよねはっきりした共感情緒の共有、ということが。それは、所で説明したカウンセラー役のポイントです。こんな風に。
前作

子供の心が見える本
PHP研究「ああ、私はさっきから、もういらだって。待ち辛くって。だって、シゲトに、あと三分よっていったでしょ。あのとき、もうあのおじさん全部終ったのだと見間違えたのよ。三分位と思ったのに、なかなかなんだから、もう帰りたいぐらい。母さん方の多くはそうは考えていないようです。シゲトもそうなの。一緒だわね。いやーね」

ほんとにいやだなあ、長いんだよ。はじめから、どの位待ったと思う?

どの位待った?

もう五十五分なんだよ、この時計で!

ええ?五十五分!あーあ、私、家でし残して来たこと、あソのよね。
夕食の準備までに、それ片付けておきたいのね。
どうしよう。
もういや。
ああ、うんざり共感しあえて、シゲトはほっとする。
でも、お母さんが、子どもに負けずいらだつ。はじめは、親の落ち着かない、顔のしかめ方を見ているうちに、
なんだよ、母さん。
「だって、きょうは、夏休みに入ったんだ。
落ち着きなよ。大人でしょ」なんて、思わずシゲトがいう。

  • 子どもはどうするのでしょう問題の根源は実
  • 幼稚園の保
  • 子供にとってはそれが当たり前になってしまい

子どもがふぇていますが遅刻してくる

ひどい日に来すぎたわよ、もういやーね。子どもでいっぱいなのね。
だから子ども、そうだ、真っ昼間から多いんだ。
ああ、いやになっちゃ3「そんなこといったって、ぼくだって夏休みじゃなかったら、来れないじゃない」
「ええ?ああ、あ、そうだそうだ、そうだよね。でももう少し早くなソないのかしら。
もう帰ろうか」
……そうはいいながら、腰はでんと坐っていて。
すると子が、かえって、今帰って、あしたまたはじめから待つ気?母さんと、親に問う気になる。
だって、あんまり遅いよと母親が、実は、子自身のいらだちの代弁を「だから、ほら、この本、おもしろいよ。そっちの雑誌よりずっとおもしろいよ。
....。.もうすぐだからね。
ほら、もうおじちゃん、終りじゃないか、すぐだよ、すぐ」
子どもから友達扱いされていい気になっているうち
ことばの、キャッチボールか投げつけあいか
ことばのキャッチボールが大事だって、よくいうでしょ。
それって、簡単にできているようで、なかなかできていないのですねキャッチボールというのは、相手がひどい暴投をしてきても、腕を伸ばして、とにかく受けるの相手がさあ投げ返すよ、とサインをし、です。受けとめたボールを、右手にちゃんと持ち変えて、受ける構えに入るのを見て投げ返すひとつのボールがあっちに届いてから、こっちに返るのですよねああ、もう、待ち辛いよと、子が思わずいってくれば、受けとめて、ああ、もう、ほんとに待ち辛いねと返す。
帰りたいくらいだよといってくれば、受けとめて、帰りたいくらいだよねと、返す帰ろうよといったら、ほんと、帰りたいぐらい!と受けとめる。育児に専念したとき

子どもはすぐその場で模倣していなく

反射的にそう受けながら、泰然とした親の様子を眺めてみれば、帰りたいという気持は、自分だって、気持の皮相にあるもので、もうひとつ奥には、もう少し慎重に事を見極めたいという思いもあることが見えてくる。
皮相の部分が共感してもらえると、皮相のいらだちは隣人にまで広がって、つまり、広がった分だけ色が薄まるというか。皮相の色が薄まれば、もうひとつ奥の思いがあざやかに見えてくるのですね。つまり、子ども自身にも、「今帰ってしまったら、みすみす今まで待ったのが、惜しいんだ
と見えてくる。
ことばのキャッチボールって、そういうことだと思うのです。
向うのことばが、こちらの心に届く。
届いたよ、と声をかけて、こちらから返すすると、向うも届いたよ、と声をあげて、それからこちらへ返してくる。
し」

ことばが子どもに届くこの本の主題である、こちらが声をあげて伝えてやる。
のです。
子どもの心が届いたよと、子どもに届くことが大事なのだということなというのは、つまり、親のそのことばが、おまえの心が、こちらに届いたよと大人が声をかけてやる
ああ、確かに届いたようだと、その声を聞いて、子どもはほっとする。育児に専念したとき

育児に専念したとき

ほっとすれば、心がゆるやかに広がり、深くなる。
今まで気づかなかった別の一面が、自然とまた、見えてくる。
考える愉しさへの、意欲が湧いてくるねえ、しんどいよ。もう帰りたいよ

今帰って、あしたまた待つの?
と子がいったのに、親がと、したり顔に攻めて、ありません。
どうじゃ参ったかと、うそぶくのは、実はことばのキャッチボールではもう帰りたいよ、しんどいよ
と子がいってくるのは、いわば、子の投げてくる荒れ球。
まともにあたっては大変、と、身をよけて、球は後ろへ飛んでいったまま、親は見過ごしているのですね。体をねじってでもしっかり受けるということをしていないのですよね。


母さん方の多くはそうは考えていないようです。 しつけの不足 教育と考えているのです。

子どもの本質を理解する

子供の心の安定につながる

そして、矢庭に、自分の隠し持っていたボールを、ポケットの中から取り出して、子どもの顔めがけて投げつける
ええい、これでもか!
その投げ方、親の顔つきを見て、子は悟るでしょう。
あ、そうか。キャッチボールではなかったのだ。つぶての投げつけあいだったのだ!と。
それからは、そのあたりの石を拾って、これでもか、投げつけあいは、キャッチボールとは違うのですねこれでもか。子供自身なのですその使命大人同士の会話など、ほとんど石のつぶての投げつけあい。
教員同士の組織の対立など、盾と矛を持って、ほんとに互いに、やっつけあい。
それは、ひとつのボールを、ちゃんと受けて、ちゃんと相手に返すキャッチボールなのではない。
ことばが子どもに届くとき、子どもの目が光ります。
光っている目を見て、今光っているね、と、確認をさらに、こちらが重ねますそれで、子どもは故知らず、自信を持つのですね。自分はひとと共に生きているのだ、ということに。すると、不断に、今度は、ひとの目が光る瞬間を、いくたびも重ねて味わいたいものだと……。そんなあこがれを、幼い胸に秘めて育っていくでしょう。
人間の思いの向きは、たくまずして、ことばに滲みでます。
それを、どこまで正確に、素直にしっかりと、そして豊かに読みとることができるか。

  • 子どもが言うことをきかない
  • 子どものの芽をつみとってしまわないように心
  • 教育もいい。

中学生程度

世の中がギスギスするのも、なごやかになるのも、そして、人間関係が、後ろ向きになるのも前向きになるのも、そこの豊かさ次第というわけで……。
なんといっても、育つ子どもは、世の光。
子育ての自信を持つために
人間関係がうまくいかなければ、子育ても難しい
育児というのこそ、ほんとにつくづく思います。習うより、慣れよですね慣れている親と、慣れていない親の違いは、大きいですね。
といっても、はじめての出産は、だれだってはじめてですね。最初から、すでに何度も出産を経験しているなどということがあるはずはありません。
習うより、慣れよ
だと、つくづく思うのは、一人目より二人目、二人目よりも三人目、子育ての経験は、重ねる方が、より自信のあるものになる、という意味ももちろんありますが、それよりも、自分が、いろいろな機会を通して、自分自身の出産と哺育の実際の体験だけでなく、世間のいろんなひとのいろんな子育てに、どれだけ関心を持ってきたか、ということ。
子どもの気持ちにうまく自分を寄り添わせます。
それらが随分と育児の自信の持ち方に、違いをもたらすものだということです。
それから、普段から、育児について、どんなことでもフランクに話しあえる人が、てくれるということ。これも、自信につながりますねかたわらにいもちろん、たとえば、お姑さんが、それはそれは孫の育児に関心があり、なにくれとなく世話もしてくれるし、助言も惜しみなくしてくれる。ところが、それが世代の違う若い母親の考えとはとことん喰い違っているので、役に立つどころか、迷惑至極だ、ということだって、やっぱり、あるわけです。反対に、教えてもらえないと分からないことも多いし。
どちらがほんとは正しいのか、ということになると、一概に古い世代が正しいとも、正しいともいえないでしょう。子どもが自分自身のいやな面にそっくりなのを見て

子どもに聞いていく

いいところを、取っていかねば。どちらのも、ね若い世代がなににしても、どうかと思うやり方を、強制されて、すぐその通りやりなさいと、監視されるなんてことにでもなると、それがたとえ正しいやり方であったとしても、素直に指示に従えない。それをやられる子どもにとって、到底気分の快適なものであるはずはありませんから、率直にいって見解のことごとにずれる姑への対策についてこそ、フランクに話せるひとを、だれかひとり見つけておくことも大事ですね。
小さな相談室を、自営して、二十年近くになります。子どもが自分自身のいやな面にそっくりなのを見て

子どもが自分自身のいやな面にそっくりなのを見て

それまでにも、結局、私はずっと相談といわれるしごとにかかわってきましたが、合わせて三十年以上の相談のしごとのなかで、一般的に育児という点について、つくづく大変だなァ、と思うのは、愉しくリラックスして、自分の育児の現実を包み隠す必要もなく、互いに話しあえる相手を持たない母親のことですね育児の自信を持つには、だからまず、れば、ということになりますね母親自身が、ひとと触れあうことを愉しいと思うのでなけまことに辛い話になりますが、私が、里親をふやすための民間活動の団体社団法人·家庭養護促進協会にいたとき、子どもを引き取って里親として子どもを育ててみたいという多くの志望のひと達のなかに、次のような方もいたのです。


子供自身なのですその使命 子どもに選ばせます。 子どもに選ばせます。

子供自身なのですその使命

先生たちが工作の好き

向いの子は、バスにでも乗ってお母さんに連れられて来たのでしょう。何人もの順番をおとなしく、母親の隣に、ちょんと坐って待っています。
おとなしく待っている。それもそのはずです。その子は、なにかを夢中に読んでいました。
でいるものがおもしろくて、待っている時間の長さを気にはしていなかったのでしょう。
読んところが、いわずとも良いのに、お母さんが、耳元で、シゲト。もうすぐよ。あのおじちゃんの次。あと、もう三分
それを聞いて、子どもは、読み物の世界から、現実の理髪店へ、意識が戻って来ました。
もうすぐの声で、ほーっと息を吐き、本をたたんで、横へ片付けてしまいましたから、その三分を、あとはひたすら待つばかり。母性から出た自然の言葉あいにく生憎、ちょうど私の頭の上、子どもの向いに、時計がチクタクと変らぬ音をたてていました。三分が過ぎました。でも向うのおじちゃんは、店主に髪を梳いてもらいながら、のんびりと会話を続け、店主はまたまたハサミをもって、手直しをしたり。それから洗髪、そのあとでひげ剃りという手順でしたから、もはやお母さんのいう三分はとっくに過ぎたのに、一向にその子の順番が来そうにありません。
す本の世界に入っている間は、現実の時間など、気にならなかったのに。
これでは良かれと思って子は親に文句をかけた母親のことばが、小さな親切、大きなお世話だったのですね。
待ち切れず、いいはじめました母さん。三分、とっくに過ぎたよ
でもお母さんはまるで無視して、週刊誌から目を離しません。

  • 子供の記録をつけることである。
  • いじめつ子を相手にする
  • 子どもがい

しつけのため

子どもはお尻をもぞもぞ動かし母親の腕を掴んでゆすり、またいいました。

だから、ねえ。どれだけ待ったと思うの。もうしんどいよ。帰りたい!
お母さんは、活字から目を離しもせず、まるでハエでも払うように、
じっとしてなさい!じっとじゃけんと、邪慳に、「だって、さ。
掴んでゆする腕を振り払おうとしたので、じゃどうして三分っていったんだよォ。
そういう軽視のされ方に、子はねえ、どうして三分だよ。三分なんか、とっくに過ぎたよ」
と随分のいらだちですね。子のいらだちを、もう自分の力では治められないと、めているのでしょう。そっぽを向いて、顔つきはいつしか、つんと怒り母親はすでに読「いいよ。
もう帰るからな。
ねえ。
いいの?
母親を混乱におとし入れているような例もあります。
帰るよ。
帰るっていってるんだよ」
気遣い気遣いの抑えた声ながら、まわりの私などの待ち客をハスカイに眺めて、付きで、帰るからな、りました。
親には険しい目どうかしなければならなくな帰る!
と。
もう、これで、ついに母親も、
だったらね、シゲト。今から帰って……といって、このお母さんも、家でいうのとはちょっと違うのでしょうね、あたりにはばかりながら、抑えた声で、でも、この一声で、子どもを完全制覇よ、という自信から、わが子をバカにしきった調子になり
今から帰って、あしたまた、はじめから待つ気?学校で教わったこと言ってみなさい

子育ては人生

といい放ちました。どう?いい返せる?こっちの勝ちでしょう!と、いう声です。
すると、反射的に、シゲトくんは返したのです。

なんにもあしたの話してないわい。今、帰りたいというとるンじゃ!
思わぬ逆襲に、お母さんは思わず、むかっと来て、いささか次の対応には感情がこもります。

だから、いってるでしょうが。今じゃなくって、あしたのことを考えなさい、と
だから、いってるでしょうが。あしたのこというなって。今のことをいっているのに!
だって、あしたのことを考えたら……
だって、今のことをいってるのに……
期せずして、親が、
分からない子ねえ!学校で教わったこと言ってみなさい

学校で教わったこと言ってみなさい

子は、分からソ親やなアー
同時に、相手は話にならない、分からン相手だと、断を下しあったのですね。
ああいえばこういう。話の行方どこへ
互いに腹いせはつのるだけつのっています。子どもは元に戻って、やっぱりもう一度、もうオ。帰りたいよオ
すると、母親は怒った調子で帰りたけりゃ帰りなさい。あしたは自分ひとりでいらっしゃいね。ついて来てやらないから

ついて来てなんか、いりませんよーだ
は、ついてなんか来てやりませんよさ子は、しばらくひそんでから、奇襲作戦です。語調がすっかり変っています。脅しの口調で、
こんな遠いところ、ひとりで来れソじやソか。来ていいのかよ、ひとりでほらごらん、という勝ち誇り。
うしてついて来てやったものの、ひとりで来させるのは、確かに本来は禁止。だから、きょうもこどうせひとりでよう来ソくせにと高を括って、母親はいう。


母性から出た自然の言葉 子どもたちの面倒 子どもの本質を理解する