子どもが自分で判断して決めなくてはならないところ

子どもと無邪気に遊ぶという

しかたのないことを、分からないの!
と、平気で聞き流すことになるのです。

これだけいっても、
とうという、親の常套句も、るわけですね。
いったん聞き流すことに慣れてしまえば、いくらだって平気で聞き流せいや、ボクが、とむしろ、あんな風に、ママは負け戦にうめいている。ボクが反対に負けることになればあんな風に、負け戦を残念がらねばならないのだ。それは大変だ。やだよ、そんなこさあ、ママとの勝ち負けの一回一回に、負けるわけにはいかないのだ!
頑張ろう
と、心で力んでしまうでしょう。
だから、少々むずかしい表現ながら、しっかり書けば、こういうことになってしまいます。
ものをほしがって、親がいくら我慢させようと思っても我慢しようとしない子は、実は、我慢させられることは、ニンゲンとしての敗北だと思い込んでしまっている。
子どもが自分で判断して決めなくてはならないところ

指導されてい

いくら我慢しろといわれても、我慢させられまいとして、あえて我慢しないで意地を通すことの辛さというものを、逆にその辛さをこそ、懸命に耐えている。懸命に我慢しているのであるお分かりになりますか。ここのところは、一度読んでお分かりになりにくければ、どうか丹念に読み返してみてください。親の意図と全く反対の気持が、子どもの心にしっかり湧き出しているということがよくあるものなのです。
でも、これを読んでくださっているあなたは、しら、と訝っておられるかもしれませんね。
子どもって、そんなにいろいろ考えるものなのか幼児が頭で意識して考えているわけではありませんよ。無意識のうちに心にそう感じとっているわけです。頭で考えるというよりも、ちょうど犬猫と同じような、動物的感覚でとらえるといったものなのです。あえてそれをことばで表現すると、以上のような風になる、というわけです
だめと宣言してやったそのあとが大切
さて、買ってやったら、子の喜びを、それじゃあ、共に喜ぶ。

 

育児に関心があ

もし、買ってほしいといっても、買ってやらない方がいいと思うとき、どうするかしっかり、す。子どもの残念さを、しっかり共に味わってやり、するということが、大事なのです。
だめ、買ってもらえない子どもの残念さを分かってるのだナ買わないと断言し通して、共有するので
母さん、と、子が納得
買ってくれないの?
よ。それでもいいの?
友達みんな、持ってるんだよ。
ボクだけなかったら、友達になれないんだ「友達!みんな!買ってもらってるのーそうなのーじゃあ、大変だなア。だのに、それはうちは買わないんだから。そのことで話が持ち切りになっている間じゅう、おまえが大変だよねぇ。
うちは、買わないのよ」

そんなこというのは、親が子をいじめてるのじゃないか、ねえ!
「うん。いじめられてると、おまえ、思っちゃうのだろうね。ほしいときは、ほしい。夢中だものねえ。だのに、私は親として、おまえをいじめているわけじゃないのよ。おまえだって、分かることなのよねえ、やがては、ねえ。ほしいものは、次々、いっぱい。それをぜーんぶ買うわけにはいかない。おカネって、限りがある。どこのおうちも、そのつかい方を、それぞれの都合でみんな、親がきめる。それがほしいのね。ほしい気持をどう耐えるか。辛い工夫だね。うちは、それを、おまえに買っては、やらない」
母性から出た自然の言葉
母さんは私がこういう話をするといつ

勉強することの意義

堂々と、買わないものは買わないと宣言して、同時に、買ってもらえないで残念な子どもの気持を、しっかり分かっているよ、と、これもまた、堂々と表現してやる。

残念なのが分かる。
だのに、買わないこのだのにが、大事な接続詞です。ここを、もしも、だけど、いくらでもそんなもの買ってたら、きりがないでしょ。
といってやるのですね。

残念なのは分かるわよ。
ね、それ、分からないの?
というように、
だけどでつないで、あとは、分かりなさい分かってほしい
分からないのと、子への命令や、嘆願や、愚痴になるから、子に、いくら分かる分かるといってもちっとも分かってなんかないじゃないか、と思わせてしまうのです。

高校で行ったらどうなってい

ほんとのところは、みんな買ってるといっても、そのみんなは、せいぜいのところがシンちゃんとコウジくんと、ヨッちゃん程度であって、キヨシくんや、モンちゃんや、買ってない子も、しっかりたくさんいたりするのですね。だから、我慢する腹がまえさえしっかりできてしまえば、どうということもない。
でも、それを、親の方が攻める材料にして
みんな、みんなって、キヨシくんやモンちゃん、買ってないじゃないの!
なんて、気楽に冷たく、これみよがしにいったりすることは、それもやっぱり、親子で勝ち負け意地の張りあいになってしまうのですね。
大学院在学中から慶應女子高の教師になり実際

子どもと歩いているとき


「みんな!そう!じゃ、残念ね!うちは買わない!残念なおまえの気持、分かる」
と、しみじみ、心の深いところから、いってやれるならば、むしろ、子どもの方からでも、キヨシやモンちゃん、買ってないんだから、ななんて、自然に呟いたりして。
大事なものなら、買って、一緒に喜んでくれる。大事なものでなきゃ、だめ、といって、の、そこを、こちらの無念も通じている。
うちの母さん、しっかり、はっきり、している。
ボクのこと、分かっている。
っちかそういう安心が、子どもの我慢
を育てる。
心の土台が培われるのですよ。
疑わしい、確かめたい
ウソばかりつくので、なにもかも心配
うちのヨウタは、このごろ口から出まかせのウソばかりつく。
見えすいたウソを平気でつくので、とっちめようとすると、もっとひどいウソをついてごまかして、その場を逃れようとする。
こんなことを放っておいていいのだろうか。
ヨウタのお母さんは、気になってたまりません。
きのうも、親の姿を見た途端に右手を後ろに廻すので、なによ。